人民元の上昇、中国の製紙業者には追い風-東方紙業CFO

中国の東方紙業公司は、人民元の 上昇は同国の製紙業者に恩恵をもたらすとの見方を示した。元高にな ればパルプの輸入コストが低下する一方、製紙業にとって輸出は事業 の主要部分ではないことを理由に挙げた。

米国市場に上場している同社のウィンストン・イェン最高財務責 任者(CFO)は「中国はインドネシアなどからパルプを輸入しなけ ればならないため、人民元の上昇は間違いなく製造原価を押し下げる だろう」と指摘。「元高は弊害より恩恵を多くもたらす」と語った。

中国政府が人民元上昇を容認することで輸入材コストが下がると の観測から、同国の製紙株は今年に入ってアウトパフォームしている。 上海総合指数が過去6カ月で1.6%下落するなか、中国最大の新聞紙 メーカーである山東華泰紙業の株価は6.7%上昇した。

インドとブラジルの中央銀行総裁が、中国は人民元上昇を容認す べきだとの認識を示し、今週ワシントンで開かれる20カ国・地域(G 20)財務相・中央銀行総裁会議を前に、市場実勢に基づいた人民元相 場を求めるオバマ米大統領の主張に同調したことから、21日の人民元 先物相場は上昇。世界的なリセッション(景気後退)が輸出に打撃を 与えるなか、中国人民銀行(中央銀行)は2008年7月以降、元相場を 1ドル=6.83元近辺で事実上固定している。元はそれまでの3年間で 21%上昇していた。

イェンCFOは、東方紙業が原材料を国内で調達して輸出は行っ ていないため、人民元の上昇による「間接的な恩恵を受ける」と見込 んでいる。

-- Allen Wan in Shanghai. Editors: Linus Chua, Richard Frost

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Allen Wan at +86-21-6104-7041 or awan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE