鬼怒ゴム:前期純利益29億円のもよう、コスト削減で予想を上回る

鬼怒川ゴム工業の2010年3月期連結 純利益は29億円になったようだ。従来予想は24億円だったが、国内・北 米・中国の主要得意先への売上高増加に加え、購買コスト削減、生産方 式改善、総労務費削減などの総コスト削減活動の効果で予想を上回る。 同社が21日、発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。