「買い手責任」訴えるゴールドマンの防衛策、UBSなどの訴訟と酷似

米ゴールドマン・サックス・グ ループはサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連の 金融商品をめぐる米証券取引委員会(SEC)からの提訴に対し、 「買い主の危険負担」という概念を持ち出して徹底抗戦の構えを示 した。これは米バンク・オブ・アメリカ(BOA)傘下のメリルリ ンチと、スイスのUBSが同様の裁判で用いた手法だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。