ドイツ銀、身辺調査めぐる訴訟で和解、約6.3億円支払いへ-WSJ

ドイツ銀行は、元投資家向け広報 (IR)担当責任者、ウォルフラム・シュミット氏が不当解雇を主張 して起こした訴訟で、約500万ユーロ(約6億2500万円)を支払って 和解することで合意した。ドイツ銀は同氏が株主1人などに対する身辺 調査に関与したと主張していた。米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ、オンライン版)が21日、事情に詳しい複数の関係者の話を 基に伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。