OECD事務総長:世界経済は雇用なき回復の「重大なリスク」に直面

経済協力開発機構(OECD)の グリア事務総長は、世界経済は第2次世界大戦後で最悪の景気後退か ら回復を遂げても、雇用なき回復の「重大なリスク」に直面している と指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。