川崎船株が続伸、出資企業が洋上LNG生産船を事業化-業容拡大期待

川崎汽船の株価が一時前日比

3.2%高の389円と続伸。同社が15%出資しているノルウェー企業が洋 上液化天然ガス(LNG)生産船を事業化することから、業容拡大期待 が高まっている。

同社が2008年に出資したフレックスLNGは4月12日、アジアの 国営石油会社とともにオーストラリアでの洋上LNG生産船を世界で初 めて実現するための検討に入ったと発表。21日付の日本経済新聞朝刊 や日刊工業新聞などがあらためて同内容を報じたことで、14年に実用 化される同プロジェクトによる業績への貢献期待が一段と強まった。

同社IR・広報グループの山口正人氏は「洋上LNG生産船は初期 投資が少なくて済み、小さなガス田でも事業化できることがメリット」 とし、「アジアではLNG需要が今後も期待できることから事業の将来 はかなりある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE