英国の空港が再開-政府と航空機メーカーが運航規則などで合意

アイスランドの火山噴火を受け て閉鎖されていた英国の空港が、同国政府と航空機メーカーによる 点検手続きや新たな運航規則での合意を受け、相次ぎ再開している。

英国の航空管制を行うナショナル・エアー・トラフィック・サ ービシズ(NATS)は、空域規制の緩和を20日午後9時34分(日 本時間21日午前5時34分)に開始したと発表。「高密度」の火山 灰が滞留しているスコットランド北西部以外の地域で管制業務を再 開したことを明らかにした。

英国の空港再開は、欧州の空の正常化に大いに役立つ。パリや フランクフルト、アムステルダムの空港が再開していた一方、欧州 で最も乗降客が多いロンドンのヒースロー空港は飛行の安全が確認 できず閉鎖されたままだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE