エクセル株が続伸、経費圧縮で前期は一転最終増益に-アジア受注良好

電子部品商社のエクセルの株価が 大幅続伸。前日比8.7%高の1359円と、2009年2月13日(9.8%高) 以来、約1年2カ月ぶりの日中上昇率を記録した。経費削減により前期 (2010年3月期)決算が最終増益を確保する見通しとなった。足元で 電子部品の受注も回復しているため、今後の収益拡大が期待された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。