米ゴールドマンの情報開示、ヘッジファンドに劣る-SECが昨年指摘

米ヘッジファンド会社マグネタ ー・キャピタルが絡んだ2件の住宅ローン関連投資に関する利益相 反の情報公開の方が、米ゴールドマン・サックス・グループのディ スクロージャーよりも優れている-。米証券取引委員会(SEC) のスタッフがゴールドマンの弁護士に昨年9月の会合で伝えていた ことが分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。