「アバター」監督が反対のアマゾンのダム建設、政府が落札企業を決定

ブラジル政府は、アマゾン川流 域で計画しているベロモンテ水力発電ダム建設を、国営電力会社の 子会社が率いる企業グループに発注することを決定した。ダム建設 については、環境保護団体のほか、映画「アバター」のジェーム ズ・キャメロン監督や建設会社などが反対を表明していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。