TOTO株が続伸、経費削減やリモデル増で前期は一転営業増益に

衛生陶器首位のTOTOの株価が 続伸。経費削減やリフォーム向けのリモデル販売増が貢献し、前期 (2010年3月期)の連結営業利益は従来の減益予想から一転、増益と なったもよう。アナリストから四半期売り上げの増加を高く評価する声 も出て、業績期待の買いから前日比2.8%高の655円まで上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。