円が弱含み、株高で資源国通貨選好-対ユーロで買い先行も続かず

東京外国為替市場では午後の取引 で円が弱含みとなった。朝方は対ユーロを中心に買われる場面も見ら れたが、商品相場や株式相場が堅調に推移する中、資源国通貨や金利 先高期待のある通貨を選好する動きが根強く、低金利の円は上値の重 い展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。