西村日銀副総裁:デフレ克服へ幾条かの光が見え始めている

日本銀行の西村清彦副総裁は21 日午前、仙台市で講演し、「デフレ克服へ向け、幾条かの光が見え始 めている」と述べ、30日公表する経済・物価情勢の展望(展望リポー ト)で、2011年度の消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)の 見通しを上方修正する可能性を示唆した。一方で、「デフレに象徴さ れる経済の沈滞は根深い問題」であり、金融政策運営については粘り 強く金融緩和を続けていく姿勢をあらためて示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。