4月20日の米国マーケットサマリー:株が続伸、円は下落

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替   スポット価格  前営業日 ユーロ/ドル 1.3442 1.3489 ドル/円 93.16 92.40 ユーロ/円 125.22 124.64

株 終値 (暫定値)  前営業日比  変化率 ダウ工業株30種 11,117.06 +25.01 +.2% S&P500種 1,207.17 +9.65 +.8% ナスダック総合指数 2,500.31 +20.20 +.8%

債券 直近利回り  前営業日比 米国債2年物 1.00% +.02 米国債10年物 3.79% -.01 米国債30年物 4.67% -.02

商品 (中心限月) 終値  前営業日比 変化率 COMEX金 (ドル/オンス) 1,139.20 +3.40 +.30% 原油先物 (ドル/バレル) 83.45 +2.00 +2.46%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では円がすべての主要通貨に対して 下落。世界的に景気回復が勢いを増すなか、カナダやオーストラリ アの中央銀行がインフレ抑制に向けた利上げを示唆したため、高利 回り通貨への需要拡大につながった。

カナダ・ドルは米ドルに対して過去5カ月余りで最大の上昇。 カナダ銀行(中央銀行)は、主要7カ国(G7)では最初となる政 策金利の引き上げ実施を示唆した。一方、円は対ドルで下落。菅直 人副総理兼財務相が、政府と日本銀行が努力して物価上昇を実現し ていきたいとの考えを示したことから、一段の刺激策が講じられる 圧力になると受け止められた。

MFグローバル・ホールディングスのアナリスト、ジェシカ・ ホバーセン氏(シカゴ在勤)は、「中銀の動きがリスク志向を支えて いる」と指摘。「ほかの国が刺激策の解除を進めるなか、日銀がさら なる金融緩和措置を実施する可能性があるとの事実が円売り材料に なっている」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時39分現在、円はユーロに対して前日 比0.5%安の1ユーロ=125円27銭(前日は同124円64銭)。円 は対ドルで0.9%安の1ドル=93円22銭(前日は同92円40 銭)。 一時は1.1%安の同93円39銭と、日中取引としては3月24日以 来の大幅下落となる場面もあった。ユーロは対ドルで1ユーロ=

1.3438ドル(前日は同1.3489ドル)。

◎米国株式市場

米株式相場は続伸。ハーレー・ダビッドソンやマーシャル・ア ンド・イルズリーなどの決算が市場予想を上回ったことが好感され たほか、原油相場の上昇を受けてエネルギー株が上げた。

ハーレー・ダビッドソンとマーシャル・アンド・イルズリーは 大きく値上がり。エネルギー株は、エクソンモービルを中心に買い 進まれた。原油相場が3週間ぶり安値から上昇したことが手掛かり。 S&P500種株価指数のエネルギー株指数は構成する主要10業種 中で最大の上げとなった。

一方、ゴールドマン・サックス・グループは下落。1-3月(第 1四半期)決算では利益が前年同期に比べほぼ2倍に増えたものの、 詐欺行為で提訴されたことをめぐる懸念が重しとなった。IBMも 安い。第1四半期決算で、サービス契約の受注が減少したことが嫌 気された。このIBMの下げが響き、ダウ工業株30種平均は上値が 抑えられた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株 価指数は前日比0.8%高の1207.17。ダウ工業株30種指数は

25.01ドル(0.2%)上げて11117.06ドル。

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフ投資ストラテ ジスト、ジェフリー・ソー氏は「決算はかなり好調だ」と指摘。「銀 行決算が予想を上回っているのは非常に重要だ。金融機関のバラン スシートの修復が進むにつれ、最終的に貸し出しは増加する。株式 は最も期待できる投資手段だ」と述べた。

◎米国債市場

米国債市場は2年債利回りが上昇。前日は過去1カ月間での最 低水準だった。この日は株価の上昇やカナダ銀行(中央銀行)が利 上げを示唆したことから、高利回り資産需要が拡大した。

政策金利の変動に敏感な2年債利回りは1%を上回った。カナ ダ銀行は、経済成長ペースが加速し、インフレが高まっている点を 指摘した。午前に発表されたゴールドマン・サックス・グループの 第1四半期利益は予想を上回った。米財務省は22日、来週実施する 4度の国債入札の詳細を発表する。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの米国債トレーディング責任 者、トーマス・トゥッチ氏は、「ゴールドマン問題をめぐる不安を反 映した国債のプレミアム(上乗せ分)が市場から消えつつある。カ ナダ中銀の利上げ示唆が短期債に売り圧力をかけている」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後1時58分現在、2年債利回りは前日比3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇して1.02%。前日は3月18日以来 最低の0.93%をつけた。同年債(表面利率1%、2012年3月償還) 価格は2/32下げて99 31/32。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は3日ぶりに上昇。インフレの兆候を 手掛かりに、価値保存手段としての金への需要が回復するとの見方 が広がった。

インド準備銀行は消費者物価の上昇抑制を狙い、過去1カ月間 で2度目となる利上げを発表。英国のインフレ率は3月にエコノミ ストが予想していた以上に加速した。米証券取引委員会(SEC) が米投資銀行のゴールドマン・サックス・グループを提訴したこと で商品への需要が弱まり、金相場は過去2営業日で2.1%下落して いた。

バークレイズ・キャピタル(ロンドン)の金属販売担当責任者、 マーティン・ホワイトヘッド氏は「インフレ率がじわじわと上昇す るのらば、金には好環境だ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場6月限は前日比3.40ドル(0.3%)高の1オンス=1139.20 ドルで取引を終了。19日には一時1124.30ドルと、6日以来の安 値を付けた。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油相場は3週間ぶり大幅高。アイスランドでの 火山噴火から6日たち、欧州での空の便の運航再開に向けた動きを 手掛かりに、ジェット燃料の需要がやや回復した。

原油は一時2.5%高と、3月29日以来の大幅高となった。パリ、 フランクフルト、アムステルダムの空港が閉鎖を解除した一方、ロ ンドンのヒースロー空港では解除が遅れている。米エネルギー省エ ネルギー情報局(EIA)が21日に発表する在庫統計では、原油在 庫が2週連続で減少したと見込まれていることも原油の買いにつな がった。

BNPパリバ・コモディティ・フューチャーズのエネルギー担 当シニアアナリスト、トム・ベンツ氏は「一部の空の便はすでに運 航を再開している」と指摘。「運航再開でジェット燃料の需要が回復 するとの期待につながっている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前 日比2.00ドル(2.46%)高の1バレル=83.45ドル。過去1年間 では81%上昇している。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE