米J&J:1-3月は29%増益、訴訟関連一時益や手術用品の販売増で

医療機器や医薬品で最大手、米ジ ョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の2010年1-3月(第1 四半期)決算は、前年同期比で29%増益となった。訴訟関連の一時益 に加え、手術用品や洗口液「リステリン」の売り上げ増が寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。