独銀評価損:年末に3140億ドルも、州立銀や貯蓄銀で大型損失-IMF

国際通貨基金(IMF)の推計に よると、ドイツの銀行が計上するローンや証券の評価損が2010年末 までに3140億ドルに達する見通しだ。特に州立銀行や貯蓄銀行が大 規模な損失に直面している。

IMFが20日発表した推定値によると、商業銀行の評価損は 2007年から2010年までの間に1320億ドルに達する可能性がある。 州立銀行および貯蓄銀行は同期間に1430億ドルの評価損を計上する と予想されている。IMFは「悪化した場合」のシナリオでは、評価 損が3380億ドルに膨れ上がる可能性もあるとみている。

IMFは市中銀行について「推定される評価損の大半を認識して おり、それに対応する資本も十分あるようだ」と指摘。「一方で州立銀 行と貯蓄銀行、その他の銀行は予想されるすべての評価損のうち、相 当部分をまだ明らかにしていない」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE