露ラサールCEO:IPOに絡むボーナス、3分の2を慈善事業へ

世界最大のアルミニウムメーカ ー、露UCルサールの経営最高責任者(CEO)であるオレグ・デリ パスカ氏は、香港市場での新規株式公開(IPO)に絡む同氏へのボ ーナス6200万ドル(約57億円)相当の株式のうち、3分の2を慈善 事業に活用することを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。