中国株(終了):指数は小幅続落、不動産株が安い-消費関連は上昇

20日の中国株式市場の上海総合指 数は小幅続落。不動産開発関連の銘柄の下げが響いた。ただ、申銀万 国証券と中国国際金融(CICC)が買い推奨したヘルスケアや消費 関連株には買いが入り、同指数は前日終値とほぼ同水準で終了した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。