中国株(終了):指数は小幅続落、不動産株が安い-消費関連は上昇

20日の中国株式市場の上海総合指 数は小幅続落。不動産開発関連の銘柄の下げが響いた。ただ、申銀万 国証券と中国国際金融(CICC)が買い推奨したヘルスケアや消費 関連株には買いが入り、同指数は前日終値とほぼ同水準で終了した。

医薬品メーカーの浙江海正薬業(600267 CH)は値幅制限いっぱい の10%高となった。中国3位のビールメーカー、北京燕京ビールは 2008年9月以来の大幅高。10年1-3月(第1四半期)決算で純利益 が増加したことが好感された。

一方、中国の上場不動産開発会社で最大の万科企業(000002 CH) と金地集団(600383 CH)はともに3%余り値下がりした。不動産投機 の抑制に向けて中国政府が追加措置を講じたことが響いた。興業銀行 (601166 CH)は2.4%下げた。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントで約102 億ドルの運用に携わる趙梓峰氏(上海在勤)は「投資家は、不動産市場 の過熱抑制策で中国経済が減速する恐れがあると懸念している」と指 摘。「銀行や不動産開発会社は現時点で投資対象から外すべきだ。市場 はややディフェンシブに傾き、物色対象が医薬品や消費関連株に移っ ている」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前日比0.76ポイント安の2979.53と、下落率は

0.1%未満にとどまった。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI 300指数は前日比0.1%安の3173.37。

--Zhang Shidong, Chua Kong Ho. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE