豪AMP、アクサに再び買収案提示も-当局がNABの提案阻止で

オーストラリア2位の資産運用 会社、AMPは、豪州の資産運用会社アクサ・アジア・パシフィッ ク・ホールディングスに再び買収案を提示する可能性がある。豪銀 ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)がアクサに提示した 133億豪ドル(約1兆1400億円)の買収案を当局が阻止したため。

AMPは19日午後に発表した資料で、豪州の競争・消費者委 員会(ACCC)がNABの買収案に反対したことを踏まえ、「金 銭的な条件で節度ある案を提示できると引き続き確信している」と 表明した。シドニー株式市場でAMPとアクサの株価はともに2% 余り下落。一方、NABは5カ月ぶりの高値を付けた。

AMPのクレイグ・ダン最高経営責任者(CEO)はNABの 買収案をめぐるACCCの判断を待った上で、新たな提案を行うか を判断すると決めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE