青山商株が急落、販売厳しさや総量規制の影響懸念-みずほ証格下げ

紳士服業界首位の青山商事株が急 落。主力のスーツ事業で月次販売に目立った回復が見られない中、年 初から大きく上昇していたが、割安感の乏しさやカード事業の総量規 制による影響を懸念する格好でみずほ証券が投資判断を引き下げたた め、株価の先高期待が遠のいた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。