NY州有権者の過半数が高所得層のボーナス課税を支持-民間調査

ニューヨーク州のシエナ・カレッ ジが実施した調査によると、同州の有権者の過半数は年収が25万ドル (約2300万円)を上回る高所得層の賞与(ボーナス)に対する暫定税 率の適用を望んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。