中国東方航空1-3月:純利益が19倍に増加-上海航空の買収効果で

中国2位の航空会社、中国東方 航空の2010年1-3月(第1四半期)決算は、純利益が前年同期 と比べ19倍に増えた。上海市での競争激化が響いたものの、上海 航空の買収効果がそれを上回った。

19日の上海証券取引所への届け出によれば、純利益は7億 6990万元(約104億円、1株当たり0.0716元)と、前年同期の 4010万元を上回った。売上高は前年同期比75%増の156億元。

同証取に19日提出した別の届け出によると、東方航空は09年 通期で黒字を回復した。前年は過去最悪の139億元の赤字を計上し ていた。09年通期の純利益は5億3970万元(1株当たり0.0839 元)。主にヘッジによる利益と利用者の伸びが寄与した。

--Irene Shen. Editors: Anand Krishnamoorthy,Nerys Avery.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net     Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-7022 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Neil Denslow at +852-2977-6639 or ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE