新興市場株:2か月ぶり大幅安、ゴールドマンへの調査拡大など嫌気

19日の新興市場株は約2か月 ぶりの大幅安。米金融サービス会社ゴールドマン・サックス・グルー プに対する調査が欧州に拡大したことに加え、中国が不動産価格抑 制を狙った措置を発表したことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。