日銀オペの落札金利が0.12%で高止まり、レポで資金需要が根強い

短期金融市場では、日本銀行の資 金供給オペの落札金利が下げ渋っている。レポ(現金担保付債券貸借) 取引で資金手当ての需要が根強いためだ。証券会社の資金調達コスト を示すレポ金利が高止まりすることで、国庫短期証券(TB)3カ月 物利回りとの逆ザヤが続いている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。