アコム:国内SB100億円程度、2年6カ月債を発行へ-今年4本目

三菱UFJフィナンシャル・グル ープ傘下の消費者金融アコムが国内普通社債(SB)の発行を準備し ている。発行額は100億円程度で年限は2年6カ月。主幹事は、大和 証券キャピタル・マーケッツ、ドイツ証券が共同で務める。

事情に詳しい関係者が20日明らかにした。発行額は投資家の需要 動向に応じて増額する可能性がある。現在、応募者利回りが、円スワ ップレートに270bpから280bp(1bp=0.01%)の金利を上乗せした 水準で投資家の需要調査を実施しており、22日にも条件決定するとみ られる。

ブルームバーグ・データによると、アコムは2008年9月のリーマ ンショック以降、今年1月に2年債(150億円)、2年2カ月債(100 億円)を発行して社債市場に復帰した。3月にも100億円の募集に踏 み切っており、今回が今年で4本目の社債発行となる。いずれも法人 が販売対象。

アコムの格付けは、ムーディーズがBaa2、スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)がBBB、格付投資情報センター(R&I) がA-、日本格付研究所(JCR)がAとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE