米ゴールドマン債の保証コストが上昇-SECの提訴で調査拡大を懸念

19日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場では、米金融機関の社債保証コストが 2営業日連続で上昇。米証券取引委員会(SEC)が米ゴールドマ ン・サックス・グループを提訴したことを受けて、他の金融機関に も同様の調査や訴訟が拡大し、金融規制に向けた議会の取り組みも 強化されるとの懸念が広がった。

ゴールドマン債の保証コストは2カ月ぶりの高水準に達した。 ブラウン英首相は18日、SECに続いて調査を開始するよう金融 サービス機構(FSA)に要請。ドイツのメルケル首相は、独連邦 金融監督庁(BaFin)がSECに提訴の詳細を提供するよう求 めたことを明らかにした。米シティグループやドイツ銀行の社債保 証コストも上昇した。

ブローカー・ディーラーのナイト・リベルタスの債券戦略責任 者、ブライアン・イエルビントン氏は「ゴールドマンがしていたと される違反行為が市場にある種の不安定化を実際にもたらすほどの ものなら、違反していたのがゴールドマンだけだとは誰も思わない だろう」と指摘した。

フェニックス・パートナーズ・グループによれば、ゴールドマ ン債のCDSスプレッドは7ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇して134bp。一時140bpに達した。CMAデータ ビジョンの調べでは、シティは16bp上昇の138bp。ドイツ銀 は4.5bp上げて98bpとなった。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指 標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは4カ 月ぶり高水準に上昇。ニューヨーク時間午前11時3分(日本時間 20日午前零時3分)現在は1.8bp上昇の89.13bp。投資適格級 の欧州企業125社で構成するマークイットiTraxx欧州指数の スプレッドは3bp上昇の82.9bp。

-- Editors: Mitchell Martin, Chapin Wright

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Shannon D. Harrington in New York at +1-212-617-8558 or sharrington6@bloomberg.net Kate Haywood in London at +44-203-216-4589 or khaywood@bloomberg.net John Detrixhe in New York at +1-212-617-3409 or jdetrixhe1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net Paul Armstrong at +44-20-7330-7185 or Parmstrong10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE