NY原油時間外:続落、3週ぶり安値-ドル高とゴールドマン提訴で

ニューヨーク原油先物相場はロ ンドン時間19日午前の時間外取引で3営業日続落し、3週間ぶり安 値を付けた。米証券取引委員会(SEC)が米投資銀行ゴールドマ ン・サックス・グループを提訴したことが売り材料となった。また、 ドル上昇でインフレヘッジとしての商品相場の魅力が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。