米ゴールドマン、株価と経営陣に吹く逆風-不正めぐる調査が拡大

米投資銀行ゴールドマン・サック ス・グループの株価と経営陣に逆風が吹いている。債務担保証券(C DO)関連の不正疑惑をめぐる調査が米国から欧州にまで拡大するな かで、取締役会に対し経営陣刷新を迫る圧力が高まる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。