香港株(終了):2月以来の大幅安、米ゴールドマン調査や中国の政策

香港株式相場は続落し、指標 のハンセン指数は2月以来の大幅な下落を演じた。米投資銀行ゴー ルドマン・サックス・グループに対する米欧当局の調査や中国政府 による不動産市場の投機抑制策の強化が売りにつながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。