アジア株:2カ月間で最大の下げ-SECのゴールドマン提訴を嫌気

19日のアジア株式相場は下落。 米証券取引委員会(SEC)による米金融サービス会社ゴールドマ ン・サックス・グループの民事提訴は、金融機関に対する規制当局の監 視強化を示唆しているとの懸念から、MSCIアジア太平洋指数はこ こ2カ月間で最大の下げとなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。