ロンドン外為:円が上昇、ゴールドマンやギリシャ問題で安全志向

ロンドン時間19日朝の外国為替 市場では、円が上昇。米投資銀行ゴールドマン・サックス・グループ が提訴されたことやギリシャ問題をめぐる懸念を背景に、円が安全資 産と見なされて買われた。

ロンドン時間午前6時43分(日本時間午後2時43分)現在、 対ユーロでは1ユーロ=123円79銭とニューヨーク先週末の124円 44銭から円高に振れた。対ドルでも1ドル=91円99銭(前週末は 92円17銭)に上昇。

ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3457ドル(前週末は1.3503ド ル)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE