タイ軍、10日の衝突以降最大の兵士配備-デモ隊の金融街占拠阻止で

タイの首都バンコクの金融街で は19日、治安部隊の数百人の兵士がシーロム通りを挟み反政府デモ 隊と対峙(たいじ)する位置に陣取った。20人余りが死亡した今月 10日の衝突以降、最大規模の配備となっている。

タイ軍と機動隊は通りを埋め尽くし、鉄条網で歩道を封鎖。数 十人の武装兵士が、黄色い塀で保護されたバンコク銀行本店内に配 置された。

アピシット首相は、新たな選挙実施を求める反政府グループの 5週間にわたる抗議デモを終息させる取り組みを迫られている。グ ループの複数の指導者が先週、拘束を逃れたことで、市内の秩序回 復に向けて直接的な措置を取る権限を軍司令官に委ねた。

バンコク時間午前10時25分(日本時間午後零時25分)現在、 タイ株の指標SET指数は3営業日続落。前週末比2.5%下落し、 5カ月ぶりの安値に達している。タイ政府は16日、3月12日に始 まった抗議デモは同国経済に打撃を与えるとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE