中国の不動産株、見通しは今後数カ月「かなり暗い」-米BOA

中国政府が1軒目の住宅購入に ついて頭金の割合を引き上げたことを受け、同国の不動産株の先行 きは「かなり暗く」なっている。米バンク・オブ・アメリカ(BO A)メリルリンチ調査部のデービッド・ツイ氏ら複数のアナリスト が16日付のリポートで指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。