米ゴールドマンCEOらがモーゲージ部門で積極的な役割-NYT紙

米ゴールドマン・サックス・グルー プのブランクフェイン最高経営責任者(CEO)は米住宅市場が最初に 軟化の兆候を見せた際に、モーゲージ部門の統括を支援していた、と米 紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が伝えた。同社の元従業員8人と のインタビューを引用している。米証券取引委員会(SEC)はモーゲ ージ関連証券の販売に絡んで、投資家に詐欺を働いていたとして同社を 提訴した。NYTによると、ゴールドマンの広報担当、ルーカス・バン プラーグ氏はブランクフェインCEOなどの同社首脳がこうした取引の 承認に関与していなかったとコメントした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。