鳩山政権:普天間5月決着に暗雲、「徳之島案」に地元反発(Update1

米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜 野湾市)の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が目指している5月末 までの決着に暗雲が垂れ込めている。有力案として取りざたされてい る鹿児島県徳之島への移設に対し、地元3町(徳之島、天城、伊仙) の町長らが呼びかけた大規模な反対集会が開かれたほか、民主党の鹿 児島県連も首相に「徳之島案」の白紙撤回を求めるなど関係者から強 い反発を受けているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。