平野官房長官:普天間問題が首相の進退につながるとは思わない

平野博文官房長官は19日午前の会見 で、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が鳩山由紀夫 首相の進退につながるとは思わないと述べた。また、一部閣僚が衆参同 日選挙の可能性に言及するのは論外との姿勢を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。