プロミス:2年半ぶりの社債準備、期限前償還オプション付き

三井住友フィナンシャルグループの 消費者金融プロミスが今週にも国内普通社債(SB)100億円を起債す る見通しだ。2007年10月の発行以来、2年半ぶりの国内SBとなる。投 資家が満期前に元金返済を要求する権利があるプットオプション条項付 きの発行になるとみられている。

事情に詳しい市場関係者が19日明らかにした。プロミスが発行する 社債の年限は5年で、1年ごとに期限前償還が可能。表面利率は3.5% を想定しており、1年後にプットオプションを行使した場合の投資利回 りは4.3%から4.6%程度になるとみられている。主幹事は、UBS証券 が務める見通し。

消費者金融の社債発行では、三菱UFJフィナンシャルグループ傘 下のアコムが今年1月に250億円を募集し、08年9月のリーマンショッ ク以降の復帰第一号となった。プロミス債は、これに続く2番目の銘柄 となる。

プロミスの格付けは、ムーディーズがBaa2、スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)がBBB-、格付投資情報センター(R&I) がBBB+、日本格付研究所(JCR)がA-としている。

プロミス広報部の玉井宏昌氏は、「社債発行は常に検討しているが、 詳細について現時点で公表するものはない」とコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE