KOA株が3カ月ぶり上昇率、抵抗器需要が回復-三菱U証は格上げ

各種抵抗器や電子部品を手掛ける KOAの株価が前週末比5%高の930円と、1月22日(6.3%高)以来、 約3カ月ぶりの日中上昇率を記録した。自動車業界やエレクトロニクス 業界の設備投資回復に合わせ、抵抗器需要が持ち直している。三菱UF J証券が投資判断を引き上げ、投資家の買いに拍車がかかったようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。