アジア株:下落、米ゴールドマンSへの調査拡大が懸念材料

19日午前のアジア株式相場は下 落。このままいけば、MSCIアジア太平洋指数は約2カ月ぶりの 大幅下落となる。米金融サービス会社ゴールドマン・サックス・グ ループが米証券取引委員会(SEC)から証券詐欺の疑いで提訴さ れた後、英国やドイツでも政府当局の調査に直面していることへの 懸念が材料。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。