SXL株続落、競争激化で利益率低下し前期利益減額-一転減益に

プレハブ住宅メーカーのエス・バ イ・エル株が一時、前週末比9.5%安の57円と大幅続落。競争激化で販 売戸数、一戸当たり単価・利益率が低下した上、固定資産評価損なども 膨らみ、2010年3月期の連結純利益は前の期比82%減の4000万円にとど まったもよう、と16日に発表した。従来予想は同2.8倍の6億円を見込 んでいたため、収益の一転悪化を受けて売り圧力が高まった。15日の取 引では、年初来高値の68円を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE