中信証券とクレディ・アグリコル、合弁設立を19日にも発表-関係者

時価総額で中国最大の証券会社、 中信証券(Citic証券)とフランスの銀行クレディ・アグリコ ルは、中国やアジア太平洋地域を含む国際的な証券事業での合弁会 社設立で、近く合意に達する見込みだ。事情に詳しい関係者3人が 明らかにした。

同関係者が発表前であることを理由に匿名を条件に語ったとこ ろによれば、中信証券とクレディ・アグリコルの法人・投資銀行部 門は、19日にも合意の覚書を発表するもようだ。関係者のうち2 人によると、クレディ・アグリコルはアジア証券部門CLSAアジ アパシフィック・マーケッツの株式を、新設する合弁会社の株式と 交換する計画。

中信証券は、株式引き受け業務で06年以来、中国市場で2位 以内を維持。CLSAは同社と組むことにより、中国市場で米ゴー ルドマン・サックス・グループなどの競合他社を追い越す態勢が整 うことになる。

また中信証券にとっても中国以外での事業拡大の好機だ。同社 は、米証券ベアー・スターンズと相互出資を計画していたが、ベア ーが経営危機に陥り、米JPモルガン・チェースへの身売りを余儀 なくされるに至り、計画は2年前に頓挫している。

関係者1人によれば、中信証券はフォーチュン・セキュリティ ーズに代わって、CLSAの中国国内での提携先となる可能性があ る。また、CLSAは中信証券の国際事業と香港事業をいずれ取得 する公算もあるという。

中信証券、クレディ・アグリコル両社の広報はコメントを控え た。フォーチュンの広報担当者には現時点で連絡が取れていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE