預保理事長:ペイオフ引き上げの亀井案「必要なし」-料率は下げ検討

預金保険機構の永田俊一理事長は、 銀行などの破たん時のペイオフ(預金払い戻し)保証額について、国際 比較や経済環境から鑑みて、現在の1000万円を引き上げる必要はない との考えを強調した。一方、保険料率については、機構の財政改善など から、引き下げ方向で議論していくべきだとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。