住友生命:国内債券を積み増しへ-2010年度の運用計画

住友生命保険は2010年度の資金 運用計画で、国内債券の残高を増やす計画だ。ALM(資産負債の総合 管理)の観点から超長期債を中心に買い入れ、債券のデュレーション (残存期間)の長期化を目指す。株式や為替などのリスク性資産につい ては慎重な運用を続ける方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。