ドバイ株、過去3週間で最大の下げ-ドバイ・ワールドの債務再編案で

18日のドバイ株式相場は今 月に入って最も大幅な下落となった。アラブ首長国連邦(UAE) ドバイ首長国の政府系持ち株会社ドバイ・ワールドが繰り延べ債 務の金利として市場金利の約2割の水準を債権者に提示したこと や、米金融大手ゴールドマン・サックス・グループの詐欺容疑を 受けて世界の株価が下落したことが嫌気された。

UAEの建設大手アラブテックは2月以来で最大の下げ。同 社の一部門が、サウジアラビアの超高層ビル建設について応札し ないことが手掛かり。エマール不動産は3.9%安。指標のドバイ 金融市場総合指数は前営業日比2.3%安の1775.56と、終値ベー スで3月29日以来の大幅安となった。サウジのタダウル全株指 数は0.6%安の6844.3。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE