【今週の債券】長期金利1.3%台で低下探る、需給良好やギリシャ問題

今週の債券市場で、長期金利は1.3% 台から低下余地を探る展開が見込まれる。新年度入りに伴い、新規運 用資金の流入で需給が良好なことに加え、ギリシャ財政不安によるリ スク回避の動きなどで買いが入りやすい。もっとも、週後半には20 年債入札を控えて金利に上昇圧力がかかる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。