NY金(16日):大幅安、SECのゴールドマン提訴でドルに逃避需要

ニューヨーク金先物相場は2カ 月ぶり大幅安。米証券取引委員会(SEC)が米投資銀行のゴール ドマン・サックス・グループを詐欺の疑いで提訴したことで、安全 な逃避先としてドルが買われ、代替投資としての金の魅力が薄れた。

主要6通貨のバスケットに対するドル指数は一時0.5%上昇。 SECはゴールドマンが米サブプライム(信用力の低い個人向け) 住宅ローンに関連した金融商品に関し、重要な事実について実際と 異なる情報を伝えるか、またはその開示を怠り、投資家を欺いたと 主張している。2009年には金は24%上昇した一方、ドルは4.2%下 げていた。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドデ ィーラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は「ゴールドマンは 金や銀だけでなく、商品すべての市場における主要プレーヤーだ」 と指摘。「ゴールドマンの持ち高は巨額であり、今回の提訴で、商 品すべての取引をめぐる不透明感が強まっている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場6月限は前日比23.40ドル(2%)安の1オンス=1136.90 ドルで取引を終了。2月4日以来の大幅安となった。週間ベースでは

2.2%下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE