NY銅(16日):続落、ゴールドマン提訴とドル高で-終値3.5355ドル

ニューヨーク銅先物相場は続落。過 去7週間で最大の下げとなった。ウォール街有数の商品トレーダーであ るゴールドマン・サックス・グループを米証券取引委員会(SEC)が 提訴したため、売りが膨らんだ。ドルが上昇し、インフレヘッジ需要が 後退したことも影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。