香港株(終了):反落、中国の不動産株が安い-当局が過熱阻止の措置

香港株式相場は3日ぶりに反落。 中国当局が不動産市場の過熱を冷ます措置を強化したことから、中国 の不動産開発会社が売られた。指標のハンセン指数は週ベースで3週 ぶり下落で終了した。

中国政府系の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は4.8%安。 携帯電話端末の受託生産で世界最大手の富士康(2038 HK)は昨年7- 12月(下期)利益が予想を下回り4.7%下落。

スプリングス・キャピタルのシニア・ポートフォリオマネジャー、 ジェニー・ティアン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで、「中国の一部にバブルがあることは確かだが、過熱はまだ制御で きる」とした上で、「政府は不動産市場での投機的需要を抑えることに 照準を合わせた措置をとった」と指摘した。

ハンセン指数は前日比292.56ポイント(1.3%)安の21865.26。 前週末比では1.6%安で引けた。ハンセン中国企業株(H株)指数は 前日比2%安の12557.40。

中国国務院は、一部の住宅購入に対するローンの最低金利と頭金 の割合を引き上げた。2軒目の住宅購入については、頭金を最低50% と、従来の40%から引き上げるとともに、住宅ローン金利は基準金利 の110%以上でなければならないとした。中国政府系の不動産会社、 チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は4.2%安となっ た。

富士康の下期利益は5730万ドルと、アナリスト予想の8500万ド ルを下回った。一方、電力機器メーカーの東方電氣(1072 HK)は2009 年通期が増益となり3.7%上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE