人民元の上昇容認でコンセンサス、米の圧力でない:中国人民銀の李氏

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政 策委員会の李稲葵氏は、中国が為替相場を段階的に調整することで既 に「コンセンサス」を得ており、米国の圧力に屈して人民元の上昇を 容認したという印象を与えるのを回避したいとの考えを示した。

李氏は、中国の胡錦濤国家主席がオバマ米大統領と会談した際、独 立的に行動する権利を主張したのは、政策の変更によって「外圧に屈 したと見られない」ようにするためだ、と昨夜の中国中央テレビ(C CTV)とのインタビューで語った。胡主席の発言によって「米国議 員からの圧力を解消できた」との見方を示した。

李氏は、「中長期間にわたり」人民元の変動幅を拡大し柔軟性を高 めることで、「ゆっくりと段階的に」上昇を容認すべきであるとの見方 を示した。

同氏は「この点について、中国の政策関係者や学界は基本的にコ ンセンサスができている」と指摘。「ただ、今やこの問題は政治的課題 になっており、もし中国が米国の要求直後に人民元を切り上げたら、 状況は政治ゲームになってしまうだろう」と述べた。

--Li Yanping. Editors: Paul Panckhurst, Sandy Hendry

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 亀山 律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE