アジア株:下落、中国の不動産価格抑制策や米経済指標を嫌気

16日のアジア株式相場は下落。中 国政府が不動産市場の過熱抑制に向けた取り組みを発表したほか、米 新規失業保険申請件数が予想外に増加したことなどを受け、MSCI アジア太平洋指数は前日付けた1年8カ月ぶり高値から下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。